オール電化 導入 エコキュート IH 設置 工事 方法

オール電化 導入 IH エコキュート 設置 工事 手順
オール電化 導入に伴う IH エコキュート の設置 工事 内容
既存 戸建住宅における オール電化 導入による リフォーム 工事は次の順序で行われます。
エコキュート 460L 画像IH コンロ 画像

1.オール電化 リフォーム工事 相談 見積り依頼
2.オール電化リフォーム工事をされるお家に訪問後現場調査の実施
3.オール電化リフォーム工事内容の面談 打合せ
4.オール電化リフォーム工事に使用する設備の選定
5.オール電化リフォーム工事 見積り作成 提出
6.オール電化リフォーム工事 契約締結
7.オール電化リフォーム工事に使用する設備の発注(納期は約1週間)
8.オール電化リフォーム工事の職人さん手配 段取り 最終打合せ
9.オール電化リフォーム工事開始
9-1.既存ガスコンロ及び給湯器の撤去、ガス配管及びメーター類撤去
既存ガスコンロ 画像
既存給湯器 画像
9-2.水道 電気屋さんによる配管及び配線工事、エコキュート本体設置用ベースモルタル打ち
エコキュート本体設置用ベースモルタル打ち 画像
9-3.電気屋さんによる分電盤 メーター回り配線工事
既存分電盤 画像
古いお家にはナイフスイッチタイプのブレーカーになっていて関電などの検査は不合格になるので交換します。
この際、オール電化対応分電盤に取り替えます。もちろん漏電防止タイプのブレーカーになります。
既存電力計メーター 画像
仮設配線後メーター 画像
オール電化導入に伴う電力容量のアップをして余裕のある配線工事をします。これが幹線引替え工事になります。
だいたい古いお家ではメインブレーカーが40Aとかだから最低でも75Aに容量をアップします。推奨は100Aぐらいになります。
もちろんお家の電気使用料により変動します。
オール電化導入に伴う工事のうち一番お金が掛かるのがこの分電盤及び幹線引替え工事費になります。
オール電化対応分電盤取替え後 画像
オール電化専用電力量計メーター取替え後 画像
9-4.エコキュート本体設置搬入工事およびIHコンロ設置が電気屋さんにより行われ、水道屋さんによりエコキュートへの配管接続工事などをしてオール電化 導入工事の完了です。
IHコンロ設置 画像
今回のIH取替えは一番カンタンな据置き方式で予算はかなり抑えられます。
エコキュート本体設置完了 画像
9-5.工事完了による引渡し
10.定期訪問によるアフターメンテナンスの実施
工事完了後約1週間後→1ヵ月後→3ヵ月後→6ヵ月後→1年後が定期的な訪問になります。不定期に訪問し異常が無いかお伺いします。

オール電化リフォーム工事期間中のお風呂は使えなくなるので、仮設給湯配管などをすると別途工事費が掛かります。工事期間中近くの銭湯や入浴施設に行かれる場合も多いです。
工事期間は約1週間で完了します。※よほど悪天候が続かない限り。。。

スポンサーサイト

中古車の一括買取り・無料査定ならcarview カンタン無料オンライン査定 車の買取・査定なら迷わずカービュー。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク、カービューなら最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額がわかる。

リフォーム施工例集

リフォーム施工例画像一覧