太陽光発電 買取り 金額 買取り制度実施

太陽光発電 買取り制度 買取り金額

太陽光発電買取り金額
太陽光発電 買取り制度 買取り金額
住宅用 太陽光発電システム 10kw未満で1kw/h当り48円が買取り金額として決まっています。
既存の太陽光発電システムを設置しているご家庭(平成21年11月1日以前設置)も今後10年間同様に48円で余剰電力の買取はしてもらえます。
太陽光発電システム10kw以上や住宅以外(例:ガソリンスタンドや保育園など)は1kw/h当り24円での買取り金額が決まっています。
また、エコウィルなど自家用家庭用燃料電池を含むシステムと併用している場合は住宅用で1kw/h当り39円それ以外は20円と買取り金額は決まっています。

太陽光発電 買取りシステムのQ&Aでは住宅用と非住宅用の判断のしかたは下記のように発表されています。
Q.住宅用か、非住宅用かはどのように判断されるのでしょうか?
A.「住宅」とは、家庭・個人の居住の用に供されるもの(集合住宅を含む)を指します。店舗や事務所等を兼用している場合も原則として「住宅」と評価されます。
 具体的な判断は、「低圧に連系される受給契約かどうか」を判断の基礎としつつ、個別の事例に応じて電力会社が判断することとなります。

太陽光発電 買取り制度開始はいつ?
太陽光発電 買取り制度が平成21年11月1日より始まっています。

大手家電量販店でも太陽光発電の販売に力を入れていますが、太陽光発電の施工業者は太陽光発電システムを販売しているシャープや京セラなどの施工研修制度の受講が修了していないと太陽光発電の設置及び施工(取付け)ができないはずですので、ご注意ください。

そして、今回の太陽光発電買取り制度実施に伴い新しく来年度、平成22年4月より太陽光発電を設置していないご家庭の方も「太陽光サーチャージャー」として10円~100円未満の負担が発生する事が判りました。

太陽光サーチャージャーは太陽光発電 買取りに伴う費用を捻出するためのお金ということです。

太陽光発電買取り金額はずっと48円なのか?というのが気になりますが、買取り制度Q&Aのコーナーでは下記のように発表されています。
Q.年度ごとに買取価格は変わりますか?
A.買取価格については、太陽光発電パネルの普及状況やパネル価格の動向を見ながら毎年見直しを行っていきます。例えば導入当初については平成22年3月末まで(※)に買取りの申し込みをされた場合は、住宅用、非住宅用それぞれ1kWhあたり48円、24円での買取りになります。
※買取価格は、審議会(買取制度小委員会)の議論を踏まえながら決定されますが、買取制度小委員会「買取制度の詳細設計について」取りまとめにおいて、買取制度の開始当初(制度開始後、平成21年11月1日から平成23年3月末までに買取りの申込みのあったもの)の買取価格は、48円/kWhと言う方向性が出されているところです。
したがって、特段の事情変更がなければ、平成22年度についても、買取価格は48円/kWh等となることが想定されます。

太陽光発電の普及状況や設置に伴うシステムの価格の変動により今後、買取り金額の減少は考えられますね。

今回の太陽光発電買取り制度の実施で、太陽光発電設置の初期費用回収が今までは20年前後でしたが、15年以内に元が取れる計算になるそうです。

太陽光発電とオール電化
太陽光発電 補助金申請

太陽光発電買取り制度Q&A
太陽光発電 買取り制度
太陽光発電 買取り制度

スポンサーサイト

中古車の一括買取り・無料査定ならcarview カンタン無料オンライン査定 車の買取・査定なら迷わずカービュー。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク、カービューなら最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額がわかる。

リフォーム施工例集

リフォーム施工例画像一覧