姫路 省エネリフォーム 固定資産税 減税 措置

省エネリフォームで固定資産税が減税されるってご存知ですか?

省エネリフォームの条件をクリアすればあなたのお家の固定資産税が減税されます。
あなたのお住まいの地域により固定資産税の減税措置が適用されるかどうかは市役所などの税務課又は資産税課にお問合せください。
行列のできるリフォーム相談所 播州リフォーム職人会のある兵庫県姫路市を例に省エネリフォームで固定資産税が減税される内容を紹介します。

省エネリフォームを行った住宅に対する固定資産税の減額措置
平成20年4月1日以降に省エネリフォーム工事を行った一般住宅やマンションなどの居住用家屋で、一定の要件を満たすものについては、申告により固定資産税が減額されます(都市計画税は対象外)。

省エネリフォーム 固定資産税減税に関する要件
省エネリフォームを行い固定資産税の減税を受けるには次の要件を満たすことが必要です。
1.平成20年1月1日以前から所在する住宅(貸家を除く)であること
2.平成20年4月1日から平成22年3月31日までの間に改修工事が行われたこと
3.省エネ改修工事に要した費用が1戸あたり30万円以上であること
4.下記のすべてに該当する省エネ改修が行われたこと
次のイの工事、又はイと併せて行うロ~ニに該当する工事であること
イ 窓の断熱リフォーム工事 (必須)
ロ 床の断熱リフォーム工事
ハ 天井の断熱リフォーム工事
ニ 壁の断熱リフォーム工事
リフォーム部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合すること

※減額措置の適用は、1戸につき1回限りとなります。
新築住宅に対する減額措置耐震改修住宅に対する減額措置等を受けている住宅は対象となりません。但し、バリアフリー改修住宅に 対する減額措置については、併用して受けることができます。

省エネリフォームによる固定資産税の減額内容
省エネリフォームを行った住宅の居住部分の床面積(住宅1戸あたり120平方メートルを限度)に相当する税額の3分の1が減額されます。
固定資産税の減税が適用される期間
省エネリフォーム工事が完了した年の翌年度分(1年度のみ)

省エネリフォームによる固定資産税の減税に関する申告期限
省エネリフォーム工事が完了した日から3か月以内に、下記書類を資産税課に提出してください。
熱損失防止改修住宅(省エネ改修住宅)に係る固定資産税減額申告書
(申告書は資産税課窓口に備えつけています)
添付書類
当該住宅の納税義務者の方の住民票の写し
熱損失防止改修工事証明書
(建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関が発行)

省エネリフォームによる固定資産税の減税適用に関する手続きフロー
1.(施主が)省エネリフォームをしてくれる業者を選定し、工事内容の打合せ・相談→見積り作成
2.(施主が)工事業者と省エネリフォームに関する工事請負契約を締結
3.(施主が)市区町村の税務課などに証明書発行申込み
4.建築士事務所に所属する建築士・指定確認検査機構・登録住宅性能評価期間のいずれかに省エネリフォーム前の住宅を省エネリフォームを行う部位の性能の確認(必要に応じて現地調査)
5.(施主が)省エネリフォームの工事着手依頼→省エネリフォームの工事完了後
6.建築士事務所に所属する建築士・指定確認検査機構・登録住宅性能評価期間のいずれかに省エネリフォームによる固定資産税の減税に関する要件に合致するリフォームが行われているか確認(必要に応じて現地調査)
7.建築士事務所に所属する建築士・指定確認検査機構・登録住宅性能評価期間のいずれかに増改築等証明書の発行
8.(施主が)省エネリフォームに関する固定資産税の減税措置の申告を市区町村に行う
9.申告が受理されれば次年度の固定資産税の減税が確定

省エネリフォーム 必須工事である窓(サッシ)の工事方法
省エネリフォーム 必須工事である窓(サッシ)の工事方法
※画像をクリックすると拡大表示されます。
1.既存サッシの内側に、新たにサッシを新設する方法:方法(イ)2重サッシ工法
◆既存一重サッシ(金属枠の単板ガラス)の室内側に、樹脂製あるいは木製枠(樹脂製同等以上の枠)に低放射複層ガラス(空気層6mm)の内窓を新設する。
2.既存サッシを撤去し、新たにサッシを新設する方法:方法(ロ)
◆既存サッシを取り除き、樹脂製同等以上の枠で空気層にアルゴンガスなどを封入した低放射複層ガラス(空気層12mm)入りの建具を新設する。
3.既存サッシ枠を利用して、複層ガラスなど高断熱化に寄与するガラスを設置する方法:方法(ハ)
◆既存サッシのガラスだけを取り外し既存サッシ枠を再利用して、複層ガラス(空気層6mm)を設置する。

上記の3つのうちいずれかの工事を行い省エネリフォーム前と後で省エネ基準をクリアする必要がある。

省エネリフォーム工事方法として1.の2重サッシ工法がおススメです。工事日数も約1日で完了します。
トステムのインプラスを使えば断熱性能遮音性能防犯性能が向上します。
インプラスを施工されたお客さまの声
2.の工事方法は外壁の補修工事なども含まれるので工事日数が掛かり工事金額も高くなります。
又、既存のサッシを撤去し新しく取り替える場合は、既存外壁と新しくなったサッシの取合い部分の防水工事がうまく出来ていないと雨水等の漏水が発生するケースが少なくありません。

もっと詳しい説明は省エネリフォーム税制の手引きをご覧ください。

今回紹介した固定資産税の減税の他に所得税の減税を受けることも可能ですが、全ての居室の窓を2重サッシなどにする必要があります。

省エネリフォームに関するお問合せ・見積り依頼先
行列のできるリフォーム相談所 播州リフォーム職人会
電話/FAX 079-227-5603
メール info@ric-plan.com
◆行列のできるリフォーム相談所 播州リフォーム職人会では見積り・相談を1業者あたり¥3,000-とさせていただいております。工事契約時の工事代金を安くするために「有料化」としておりますので、ご了承ください。
◆工事ご契約時にはマネジメント委託契約報酬に充当いたします。

下記の2次元コード(QRコード)を携帯電話のバーコードリーダにて読み込んでください。
携帯電話にて連絡先、メールアドレスが読み取れます。

スポンサーサイト

中古車の一括買取り・無料査定ならcarview カンタン無料オンライン査定 車の買取・査定なら迷わずカービュー。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク、カービューなら最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額がわかる。

リフォーム施工例集

リフォーム施工例画像一覧