オール電化 電磁波 オール電化 デメリット

オール電化 電磁波 オール電化 デメリット
オール電化 電磁波 によるデメリット オール電化 デメリット として 電磁波 問題を気にされている方がアンケート結果などで報告されています。
オール電化 デメリット として現在オール電化住宅にお住まいの方の生の声 体験談は次のようになります。
●鍋やフライパンなど使えないものがあること。冬のお鍋をする時。
対策:IH用の土鍋などもあります。
●体に悪くないかと不安 電磁波の問題
対策:後ほど説明します。
●料理のときの熱がたりないですね。
対策:現在は3kwタイプが出ているので大丈夫です。
●I Hクッキングヒーターにまだ不馴れ。昼間の電気代が高い。
対策?:確かに昼間の電気代は高いかもしれませんが、通常の契約単価より安いはずです。
オール電化住宅に最適なお家と不向きなお家はあります。
I Hコンロについてはやはり使い始めは使い勝手が違い戸惑う方が多いようですが、最近では光センサー技術の進歩で鍋振りも出来るようになりました。
●使いなれたので今はとくにないです。当初は中華鍋がつかえないな~って不安でしたが、フライパンでほとんど代行してるので大丈夫でした。
●停電になると大変
対策?:関西電力管内では年間停電になる回数は0.13回程度だから問題ないかもしれません。
阪神大震災の時も電気の復旧が一番早かったのは有名です。
●中華鍋が使用しにくい
対策?:どうしても中華鍋を使われたい方はオール電化にされなくてもいいと思いますが、先ほどのフライパンで代用できる方もおられるので中華鍋にこだわる必要はないかと思います。
●鍋を買い換えた
対策:現在はオールメタル対応機種があるので以前よりは使える鍋も多くなっています。でも正直オールメタル対応機種を選ばれるのであれば本体価格の差額分で鍋を買い換える方がお得になることもあります。
それから、オールメタル対応機種の鍋に対しての電気的な熱効率を考えれば普通の鉄・ステンレス対応機種の方が私はおススメです。
●タンク湯量が不足するとお風呂を沸かせない事もあり嫌だ
対策:昼間に強制的に沸き増し運転機能を使えば可能ですが、電気代は高くなります。
●電気代たかいのでは?夜の方が電気代が安いので、家事が夜に夜に先延ばしのなっていく
対策:オール電化住宅に最適な電気の使い方があります。(時間帯により電気代の単価が違うから)
時間帯の有効活用できればどなたでもオール電化住宅はメリットのあるお家になります。
冬場の朝は7時までにフルパワーで部屋を暖めたり、夕方は7時以降に晩御飯の用意をしたり、夜11時以降に食器洗い乾燥機を使ったり洗濯機を使うなど時間帯をうまく使えば電気代は節約できます。
●エコキュートの追い炊きができない
対策:最近のエコキュートは追い焚き機能は付いているので安心です。
●IHクッキングヒーターの電磁波への不安。
実はIHコンロより身近な製品も電磁波は出ていることが多かったりします。
●エコキュートを使用していますが、湯沸しの状況(タイミング・湯量等)がイマイチ掴めていない。(冬場は湯を沢山しようするので)
対策:各メーカーのエコキュートに付いている節約モードの設定で湯沸しのタイミングやお湯切れは防ぐことが可能です。

オール電化 デメリットを挙げましたが、本題の電磁波について説明します。
こちらでも紹介されていますが、I Hコンロは電磁調理器具として正式な名前があるので皆さん電磁波をたくさん出しているイメージを持たれていますが、携帯電話や電子レンジの方が多かったりします。
電磁波と電磁界のちがい
洗濯機・掃除機等の家電製品から主に発生する『電磁波』は、周波数が60ヘルツと極めて低く、波としての性質がほとんどないため『電磁界』と呼んでいます。
I Hコンロと同じように私たちの生活でも身近なドライヤー、電気カーペットの方がI Hコンロより電磁波をたくさん出していますが、この事に関して特に大きなニュースになったりしないですよね。
私もオール電化の無料レポートの中にも書いてありますが、電磁波が気になってという方にはオール電化は薦めません。
それからガン患者の方が家族におられる場合などもお断りしています。
特にI Hコンロとガンの因果関係は医学的にも証明されていないはずですが、ガン細胞の進行を早めたりした時の責任を保証しきれないのでお断りしています。
また、国際的な機関のWHOの付属機関であるIARC(国際がん研究機関)が2001年10月に発表したレポートによれば、I Hコンロは極低周波磁界(300Hz以下)、カテゴリー(グループ2B)に分類されています。
このグループ2Bは「発がん性があるかもしれない」というグループで、発がんの可能性は皆さんが飲まれているコーヒーやごはんに合う漬物などと同じレベルで、タバコやアスベスト、アルコール飲料、ダイオキシンのように「発ガン性がある」に分類されているものとレベルが大きく違うのです。

オール電化 デメリット 電磁波(I Hコンロの電磁波)をまとめると

電磁波は自然界にも存在する(太陽光線、地磁気、雷、静電気放電により発生等)ものであり、I Hコンロだけから生じるものではありません。
WHOによれば、電磁波による発ガン性の可能性につきましても、そのレベルは日常生活で摂取するコーヒーや漬物と同じ程度です。
また、I Hコンロでの調理時に生じる電磁波は、現在最も信頼のできる国際的な機構(ICNIRP)が制定したガイドライン値を大幅に下回っています。
I Hコンロは電磁調理器とも呼ばれているので、電磁波が多く出ているというイメージをお持ちかも知れませんが、これは誤った認識と言えるでしょう。
I Hコンロから生じる電磁波は、他の電化製品と同等レベルにあり、安心してお使いいただける製品です。
以上の点を踏まえ、I Hコンロを正しくご理解いただきご愛用いただきますよう宜しくお願い致します。

オール電化住宅にお住まいの方の声 体験談
オール電化 メリットとして次のようなことを挙げられています。
●アパート時代より一戸建ての現在の方が光熱費が安い。
●ガラストップのI Hコンロの管理が楽。毎月の費用が安いと思う。
●ガスを使っていた時より光熱費が安い
●キッチンが暑くならない。光熱費が安い。
●ガス、灯油と経費がかかるより、一括でできていいです。
●夜間の電気代が安い。
●タイマーでだんどりできるのがいい。
●料理の際にガスに比べて暑さが比較的ましなことと、ガス漏れ等の心配が無いこと。
●やかんの火のかけ忘れがない
●掃除が楽 過熱しすぎると自動的に消える所
●以前のガス代+電気代に比べ、電気代がぐんと安くなった
●料理をしてもまわりが汚れない。
●光熱費の請求書が一枚だけがいい。
●安上がり・夏家事をしても暑くない・火じゃないので安心
●お湯がすぐ沸く、築暖はくさくないし安全、エコキュート便利、IHクッキングヒーター掃除が楽
●お金の引き落としが一回ですむ。
●光熱費が電気一本になり分かりやすく、トータルで安くなった。
●I Hコンロでは熱量が簡単に調整できること。エアコンが主体なので空気環境が綺麗なこと。

スポンサーサイト

中古車の一括買取り・無料査定ならcarview カンタン無料オンライン査定 車の買取・査定なら迷わずカービュー。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク、カービューなら最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額がわかる。

リフォーム施工例集

リフォーム施工例画像一覧