住宅ローン 滞納 任意売却 する前に

住宅ローン 滞納で任意売却をする前に気をつけたいポイント!
任意売却につけこむ悪徳業者に注意を。
住宅ローンの支払いが難しくなったらまずは借入先の銀行に相談してください。

100年に1度の大不況と言われる世の中に会社の業績も大幅な減収・減益と倒産する会社も急増中ですが、そんな折大手の会社でも副業を認めるところも出ていますね。

以前広島の方でしたか、副業でコンビニに勤めていた男性が捕まっていたというニュースもありましたね。。。

夢にまでみたマイホームを購入後に収入が急激に悪化して住宅ローンの支払いが滞り、自宅が競売にかけられるケースが増えているそうです。(汗;)

そんな時に競売を回避して、住宅を少しでも高く売って残債金額を減らそうとするのは誰しも同じですが、
その方法として不動産業者が仲介する 任意売却 があります。
任意売却がうまく進み引越し代の捻出できるケースも多いそうですが、その所有者の弱みにつけ込んで
手数料だけを先に取る悪質な不動産業者が出てきているそうです。

マイホームの任意売却に関する相談件数は前年比の倍以上という業者もあるそうです。

任意売却 とは、住宅ローンなどの支払いが困難になった時に不動産業者が所有者と金融機関を仲介し、
飼い主が納得できる価格で売却を成立取引になります。

裁判所での競売は売却額が相場価格より「2割~3割近く安くなる」そうです(不動産関係者談)が、
任意売却は競売よりも高くなり、少しでも残りの住宅ローンを減らしたい債務者にとってはメリットがあると言われています。

また、住宅禁輸支援機構(旧住宅金融公庫)は平成20年度に競売にかけた件数は、前年度より35%も
多い1万6577件だそうです。
ただ、住宅ローンの滞納が始まってから競売にかけられるまでは約1年あるそうですが、それまでに任意売却をすすめているそうです。

その任意売却に目をつけ「詐欺的行為」を仕掛ける悪徳業者もいるのでご注意ください。

任意売却では一般的に「売却額の3%」とされる仲介手数料は、売却成立が前提となっていますが、
「前金」と称して手数料を取り、その後に売却が不成立となるケースもあったそうです!
少しでも高く売りたいという心理につけ込む手口ですので、十分に気をつけてください。

任意売却に関する悪質な行為が増えている背景にはやはり、不況で仕事が減った不動産業者が専門知識のもなしに
任意売却に新規参入し始めているという業界の事情もあるそうです。

今後長引く不況に伴い住宅ローンの滞納とそれに伴う任意売却、競売のケースはますます増加すると見られています。

ここで、気をつけていただきたいのは
住宅ローンの滞納者は気が引けて誰にも相談しないケースがありますが、実は相談しないのが一番悪いパターンでして、滞納してからではなく、支払いが厳しくなった段階で借入先の金融機関にいち早く相談して計画的な返済計画を進めていただきたいのです。

MBS系ニュース番組「voice」でも紹介されていた住信SBIネット銀行では新規の借入れだけではなく、借り換えもできるそうですので、金利の見直しで返済金額が減るのであれば相談されてみてはいかがでしょうか。

不況つけこむ悪質業者 高く売りたいマイホーム 「任意売却」慎重に

スポンサーサイト

中古車の一括買取り・無料査定ならcarview カンタン無料オンライン査定 車の買取・査定なら迷わずカービュー。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク、カービューなら最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額がわかる。

リフォーム施工例集

リフォーム施工例画像一覧