住宅版 エコポイント 新築で30万円に!

地球温暖化対策の一環で家電製品のエコポイント制度は今年の夏以前に実施され家電製品の売上げに貢献しましたが、住宅版 エコポイント制度が発表されその概要がわかってきました。

住宅版 エコポイント制度は国の制度で二酸化炭素排出削減を促すために設置されましたね。
新築住宅では12月8日以降の着工分より適用され、外壁や窓の断熱性の高さに加えて、消費電力が少ない給湯や冷暖房を使っていることが条件で、第三者機関の認定を受ける必要があります。
エコポイントの付与に関しては約30万円の還元額になる見込みです。

住宅版 エコポイントのリフォームに関しても二重窓などの設置や、床や外壁に断熱材を使った工事が対象で、工事の証明書や現場写真などの提出が必要です。
住宅版 エコポイントの条件を満たせば、新築の半額にあたる15万円の還元額になる見込みです。
断熱改修以外の手すりの取り付けなどバリアフリー対応の改築にもポイントが付与されます。

エコポイント対象住宅判定基準に適合していることを証明する「エコポイント対象住宅証明書」の発行業務は建築確認検査機関・住宅性能評価機関 日本ERI株式会社になります。
住宅版 エコポイント対象住宅証明 申請書類ダウンロード

Yahoo! JAPAN ニュース住宅版 エコポイント関連記事
住宅版エコポイント制度で新築は30万円に